首や肩の痛み

首や肩の痛みの症例|坂戸市 シゲ整体院

※症例の一部をご紹介しています。

症例5

患者・症状

40代後半 女性 坂戸市 事務職

事務職という事もあり、普段から首や肩への負担は強かった。書き物を長時間したことと重い物を持ったまま歩いたことで発症。

来院1カ月前に右の首から肩にかけて痛みが出て、肩から手の方までしびれと痛みがあった。症状悪化に伴い頭痛と吐き気もあり、日常生活に支障をきたしている。

聴覚過敏は疲れが強くなってくると感じる。

 

所見

頭痛ポイント、耳ポイントに圧痛・硬結。
首の右側に強い緊張。しびれもあることから右頚椎症の疑いを頭においておく。
右C2、右僧帽筋に強い圧痛。
両肩とも巻き肩気味だが、右の方が強く巻いている。右肩動かしづらさ有。

施術

原因となっている背骨の固さを調整(DRT)

経過

3回目
耳ポイントと頭痛ポイントの固さはとれ、それに伴って頭痛と聴覚過敏の症状もとれた。

右首の緊張は回数を重ねるごとに和らいでいった。右腕のしびれは首からきているので首の緊張が緩むとなくなった。しびれの症状はなくなったが緊張は半分ほどしか取れていないので、10診を目安に施術した。

10診目
首の緊張もほぼとれた。右肩の動きの悪さはだいぶ良くなったが多少残る。
巻き肩改善体操をすれば時間とともに解決すると考えられるので終了した。

症例4

患者・症状

40代 男性 坂戸市 事務職
1週間前より首の痛み
左を向くときに左首に痛みが出て振り向けない。
首を左側屈すると左肩に重さがでる。
痛くなってから温泉でマッサージを受けたが変わらず。

所見

首に炎症がみられる。寝違いだと考えた。普段のデスクワークで首や肩が緊張しているせいで寝違えが起きやすい身体環境になっていた。
疲労の蓄積が強いので疲労を抜けやすくする施術をすることにした。

施術

DRT療法(ゆらゆら背骨調整)

経過・考察

1,2回目の施術でどんどん痛みが減っていたが、3回目の来院日2日前に再び痛みが増した。話を聞くと前日寝たままタブレットで映画を見ていたとのことだったので、それをやめてもらった。

その後痛みは順調に減っていき8回の施術で終了した。

患者さんの悪い生活習慣が治りを阻害しているのを実感した症例である。痛みがなくなっても同じ悪習慣をしていたら遅かれ早かれ同じような症状がでたと考えられる。

症例3

患者・症状

70歳 男性 坂戸市 設計の仕事
来院5日前にパソコンを使用していたら左の首から肩にかけて違和感を感じ、その後痛みが出た。整形外科で首の牽引とマッサージをしたが変化せず来院。

午前中から痛み始めて夕方くらいまで続く。背骨の動きが悪く、巻き肩が強い

長年の不良姿勢によって起きていると判断

施術

DRT(背骨のゆらゆら調整)

16回 約3カ月

症例2

患者・症状

左肩の痛み 36歳 女性 坂戸市 主婦(子育て中)
5年ほど前から肩こり感があるが、ここ最近肩甲骨の少し上あたりが痛い+重い。
肩の痛みにより不眠。
子供を抱いたり、おんぶする時につらい。
バンザイをさせてみると肩上部に痛み(L>R)

施術

DRT(背骨の調整)
4回目の施術時、バンザイで痛みはでなくなった。

考察

痛みの部位は肩甲骨の少し上であったが、肩が前方に出ている「巻き肩」の姿勢のため、そちらが原因であると考えた。
巻き肩のため肩の筋肉が伸ばされていることに加え、肩甲骨の動きがうまくでてないこともバンザイで痛みがでるのと関係する。

症例1

患者・症状

右肩の痛み 58歳 女性 坂戸市 事務仕事
来院される1週間前に右肩に痛みを発症。
右腕が上がらなくなってしまった。バンザイをすると右の方が明らかに上がらない。

外旋テスト(髪を頭の後ろで結ぶ動作)でも右がベッドとこぶし1つ分空いている。

施術内容と経過

施術毎に痛みと動きは改善していき、10回で終了した。
DRT背骨の調整、肩のセルフケア指導

考察

事務仕事をされているため、肩が前方に出る巻き肩姿勢。
巻き肩状態だと肩がロックされてしまい、ロックされている肩を急に動かしたりすると痛めるケースがある。巻き肩を改善することを目的に施術を行った。